生物資源科学部の戒能智宏准教授が2018年度日本農芸化学会中四国支部奨励賞を受賞しました

2018年10月2日

 生物資源科学部生命科学科の戒能智宏准教授が、2018年9月20日(木)に島根大学松江キャンパスにおいて開催された、日本農芸化学会2018年度中四国支部大会(第52回講演会)において、45歳以下の若手研究者に授与される2018年度日本農芸化学会中四国支部奨励賞を受賞し、受賞講演を行いました。受賞の研究タイトルは「分裂酵母を用いたコエンザイムQの合成と機能の解明」です。電子伝達系の因子であり、抗酸化物質としても機能しているコエンザイムQ10の生産や機能に関して、ヒトと同じコエンザイムQ10(CoQ10)を合成する分裂酵母(S. pombe, S. japonicus)を用いて行った研究成果のBiosci. Biotechnol. Biochem.誌等への論文発表が評価されました。

授賞式.jpg     賞状(日本農芸化学会中四国支部奨励賞).jpg

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ
電話:0852-32-6493